もりのなかま保育園喜舎場ひよこ

BLOG病児・病後児保育室 喜舎場ひよこブログ

その他

11月は「児童虐待防止推進月間」です

「もしかして?」ためらわないで!189(いちはやく)
     ~子どもの権利が尊重される子育ての実現のために~

子どもが持っている権利

◎大人に対して、叩く・殴る・暴言を吐くといったことは人権侵害になりますが、これは子どもも同じです。
◎子どもも人権の主体であり、全ての子どもは、健やかに成長・発達し、自立する権利が保護されています。
◎保護者は、子どもを心身ともに健やかに育成することに、一義的責任を負います。

たたかれていい子どもなんて、いないんだよ

虐待かも…と思ったら、すぐに電話を!
児童相談所虐待対応ダイヤル 通話料無料 189(いちはやく)

子育てはいろいろな人の力と共に

子どもを育てる上では、支援を受けることも必要です。子育ての大変さを保護者だけで抱え込まないように、声掛けや支援を行い、市区町村や児童相談所などとも連携して社会全体で支えていくことが必要です。

ママもパパも一人で抱え込まないで

子育てに悩んだら、気軽にお電話を☏
児童相談所相談専用ダイヤル 通話料無料 0120-189-783(いちはやく おやなみを)

通告・相談は、匿名で行うこともできます。通告・相談をした人、その内容に関する秘密は守られます。虐待かどうかの判断は、児童相談所が行いますので、虐待の証拠などはいりません。
虐待により、今もなお多くの子どもたちが傷ついています。その傷は、生涯にわたり子どもたちの成長に多大な影響を及ぼします。
虐待による死亡事例は年間70件を超え、5日間に1人の子どもが命を落としています。

「もしかして…」その1本の電話が「子どもの命を救う」かもしれません