もりのなかま保育園小田原

BLOG病児・病後児保育室 小田原ブログ

その他

RSウイルス感染症について(´艸`*)

最近は最高気温が10℃程度とめっきり寒くなりましたね~💦

そのせいか、発熱したり、鼻水や咳の症状がみられる職員や園児が増えてきましたcoldsweats02

この先は気温差もなくなりずっと寒い…wobblyという季節になりますので、脱ぎ着のしやすい洋服や防寒として帽子やマフラー、手袋などを用意しましょう👢

首や手首を温めると体もあったまりやすいですよ。そして乾燥する時期でもあるので、加湿器、お湯の入ったやかん、洗濯物を干したりして湿度を補ったり、マスクをしてのどの乾燥も防ぎましょう😷

 

さて、冬の時期に流行るのがインフルエンザRSウイルスの風邪です。

インフルエンザは予防接種で重症化するのを防げますが、RSウイルスは予防注射がありません

親や兄弟からうつりやすく、何日か続く高熱と咳、喘鳴症状がメインです。昔は風邪をひいてもウイルスを調べることがなかったので、全部乳児肺炎や気管支喘息と言われていました。ひどくなると呼吸器困難で入院もするほどの怖い病気です。

しかし、全ての人が重症になるわけではなく、毎年かかったとしてもちょっとずつ軽い症状で済むことが多くなります。

またRSウイルスは中耳炎も起こしやすいです。鼻をかめない小さいお子さんは要注意です!

 

今は迅速キットですぐに調べることが可能になりました。しかし保険適応ではないため、全ての病院、クリニックで調べてくれるわけではなく、今はコロナ感染症もあり容易に検査してくれなくなりましたhospital(検査することで咳やくしゃみなどを誘発し飛沫によって医療者へうつるリスクがあるため)

症状が落ち着くまで1週間程度かかりますが、3.4週間はウイルスが排泄されているそうなので、保育園などでは他の子にうつさない様、手洗い、うがいを徹底しましょう。接触、飛沫感染なので、咳症状が続いていればマスクを着用させたり、換気をしたりなどまわりへの注意も必要です。

 

今はコロナ感染症が増え続けています。宮城でもクラスターがあちこちで発生しています。

保育園や病児保育でも常に感染予防に気をつけていますが、いつ、コロナ感染症が流行するとも限りませんshock

職員一人一人が危機意識を持って、感染地域への安易な旅行や、体調不良があるのに無理して出勤したりなどないよう、看護師が、職員の体調管理チェックを毎日しています。また園児もなるべく症状が見られた時にはすぐに保護者へご連絡したり、病院への受診や相談を勧めています。その時には消毒等も強化しています。

 

まだまだコロナ感染症は落ち着いてくれそうにありません。気持ち的に窮屈に感じることもありますが、みんなで危機意識を持ってマスクの着用、手洗い、うがいの徹底、消毒などを心がけるだけで他の感染症の流行(今はインフルエンザ)も予防できていますよね。

これは素晴らしいことですcoldsweats01医療現場はコロナ感染症の重篤患者だけで今は手いっぱいです。医療者として、病院崩壊につながることがないよう祈るばかりです👏

重篤になるリスクがある人は、特に家族であっても予防が大事ですねhappy01

 

その他

小春日和☀

10日程前までは『寒~い⛄️』と飼い猫で暖を取って嫌がられていましたが、先週の日中は20℃前後の小春日和が続きましたねsun

ポカポカ陽気で嬉しい反面、昼夜の気温差が激しいと 環境に適応するため体力も消耗してしまいますcoldsweats02 年末が見えてきて徐々に焦りも出始めていますが、無理をせずゆったりと過ごしましょうhappy01

 

では、早速 先週の様子をご紹介しますnote

初めて利用の男の子👦

『来るまでは、とても緊張していたんですよ~』とのママの言葉をよそに、入室後直ぐに笑顔で遊び始めましたhappy02shine

 

車と新幹線が大好きheart04 

『うわー!速い!!!』

DSCN5632DSCN5633

 

次は、僕が出動です🚒sign03 (実は、この時 火災現場まで急いでいたのですが、カメラを向けると優しい消防士さんはポーズを取ってくれましたsmile)

DSCN5629DSCN5631

 

線路が短いよ・・・セロテープに悪戦苦闘しながら長~~い線路が完成shineshine

『線路は続くよどこまでも♪』を歌いながらSLマンを走らせました(本人が信じていたので、SLマンではない事は内緒ですsmile)

DSCN5638DSCN5639DSCN5640DSCN5641

喉の痛みもあってか 食欲はいつもよりも落ちていましたが、お茶とジュースで水分はしっかりと飲んで元気いっぱい遊べました🍵

 

お子様が体調を崩した時には、『薬を飲ませるために、何か食べさせなきゃ!』と考えるかもしれませんが、食欲が無い時には無理矢理食べさせなくても大丈夫です。

しかし、小さい子ほど体内の水分のバランスが多く 脱水になりやすい事や、発熱時に汗をかいて熱を発散させるため水分が必要な事、喉が潤っていた方が咳や痰を出しやすい事などから、食欲が無くても水分はしっかりと飲ませるようにしましょう。

のど越しが良い物(ゼリー、麺類、豆腐など)や消化に良い物(お粥、バナナ、リンゴ、白身魚)などを勧めてみましょう。

 

 

★お願い★  ~全ての持ち物に記名を~

タオルや水筒だけでなく、お持ちいただく全ての物記名をお願いします☆彡 特に、お気に入りの玩具に記名がされていない事が多く見られます。(名前シール、ポイントになる印をつけるなどでも大丈夫です。)

私達職員も お預かり時とお帰りの際に お荷物を確認しておりますが、似たような物があると保育室の物やお友達の物と紛れてしまう可能性がありますsweat01

お手数をおかけしますが、ご協力の程宜しくお願い申し上げます🙇

その他

✋11月12日は『皮膚の日』✋

紅葉が見頃となり、冬の訪れを少しずつ感じる季節になりましたmaple

空気の乾くこの時期は皮膚がカサカサになったり、かゆくなったりと乾燥が気になりますsweat01sweat01

タオルでゴシゴシと強くこすらず、お風呂上りには保湿クリームを塗りましょうconfident

 

〈スキンケア〉055-05

*乾燥対策のポイントflair

湿度が50%以下になると、皮膚の乾燥が始まると言われています。加湿器の使用や洗濯物の部屋干しなどで、室内の湿度調節を行い、空気の乾燥を防ぎましょう。鼻やのどの粘膜も潤してくれるので、風邪やインフルエンザ予防にもなります

特に乳児は、冬場だけでなく一年を通したスキンケアが欠かせません。医師や薬剤師に相談して、子どもの肌質や年齢に合った保湿剤を見つけておくのも良いでしょう。

 

*入浴ポイントflair055-03

毎日の入浴で体を清潔に保つことは大切ですが、洗浄力の強い石鹸やボディーソープで洗うと、かえって肌を乾燥させます。洗浄力がゆるやかで刺激の弱い物を少量、よく泡立ててから使いましょう。

肌が乾燥気味の時は、タオルを使わず、手で優しく洗う程度で十分です。また、保湿成分を含む入浴剤を使用するのも効果的です。

熱すぎるお湯に長時間浸かると、皮膚の表面の脂が洗い流されて肌が乾燥しやすくなり、かゆみの原因にもなります。かゆみが強い時は、38~40℃を目安としたぬるめの湯温で入浴しましょう。

 

*保湿ケアのポイントflair

お風呂上りはどんどん水分が飛んでいきます。体を拭いたら早めに保湿をしましょう。

夜だけでなく、1日2回、朝着替えるときなどにもケアをするとベストです。

塗る時は全身にたっぷり塗ります。目や口の周りは特にやさしくていねいに塗りましょう。

058-11